トップ

金融分野の規制緩和について

金融業界の規制とは

自由化

金融自由化の背景について

金融業界の様に何らかの目的のために自由な競争を良しとせずに規制をかけている分野は沢山あります。しかし時代の流れによりその制限が健全な成長のためには障害であると判断される場合に、その様な事情を背景として自由化されるというケースが存在しています。金融分野規制緩和についても同じような問題が存在しており、自由競争をすることで発生するメリットが出メリットを大きく上回ると確信できた場合には従来の在り方が見直されるということは特別なことではないのです。その様な仕組みで多くの分野が規制緩和され、自由化の流れに乗るようになってきています。

自由化された背景とは

戦後日本の金融機関は、競争が少なく効率の悪い機関でも生き残れる、護送船団方式がとられていました。しかし、欧米で実施された自由化の波が押し寄せ、これを背景に日本の機関も経営の効率化が求められるようになりました。そして1970年代に政府によって制限されていた事柄の制限が廃止されるようになり、金融の自由化が進められました。結果、消費者にとっては金利などで多くの利益を獲得できる可能性が増えたものの、元本さえ保証されない商品を購入する可能性も増え、消費者にはより一層の自己責任が求められるようになりました。

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 金融分野の規制緩和について. All rights reserved.